すきなものはすき

趣味や好きなことについて書きたい

【映画】Netflixオリジナル CARGO 感想【ネタバレあり】

本記事ではNetflixで配信されているCARGO(カーゴ)という映画の感想を記しています。映画の内容にも触れているのでネタバレが嫌な方はご注意ください。

 

CARGOは一応ゾンビ映画?ということになっているのですが、観てみるととても感動するストーリーでいろいろと考えさせられる内容となっていました。

 

下のリンクはCARGOの予告編の映像です。気になる方はどうぞ。

 

 

 

映画CARGOはNetflixオリジナル作品ではありますが、もともとは2013年にオーストラリアで発表されたシ7分間のショートフィルムでした。

私も記事を書こうと思うまで7分間のオリジナルの作品があることを知らなかったのですが、短い時間の中でストーリーが洗練されていて素晴らしく、この原作があってこその長編映画だなと思いました。

オリジナルのショートフィルムはYoutubeで観ることができるのでぜひ。

 

今回本作品を模様と思った経緯について述べると(映画の感想を読みたい方はとばしてください)、私は今更ながらBBC制作のかの有名な探偵ドラマにはまっていまして、メインのキャストであるBenedict CumberbatchとMartin Freemanの虜になってしまい、二人の関連作品をいろいろ探しているときに、この作品に出合いました。

CARGOの主役はMartin Freemanで、幼い娘を背負ってさまよう父親アンディを演じています。娘の名前がロージーなのが某ドラマファンとしては何か縁のようなものを感じてしまいました。

 

 

 

以下あらすじです。

感染するとゾンビのようになってしまう謎の感染症によって荒廃したオーストラリアで妻と娘と日々生き延びるために暮らしているアンディ。食料調達のために寄った乗り捨てられたボートで、妻が謎の生物に襲われゾンビウイルスに感染してしまいます。感染してから完全に意識の無いゾンビになってしまうまでに残された時間は48時間。少しでも長く妻と一緒にいたいアンディは娘と3人、車で医者のいる場所を目指します。途中、不慮の事故により死にかけた妻がゾンビ化してしまい、その妻に腕をかまれてアンディもウイルスに感染してしまいます。愛する娘を守るためにアンディは自分に残された時間を使って、娘を背負い荒野を彷徨います。

 

CARGOにおけるゾンビ化の原因であるウイルスは何が原因で蔓延しているのかなどは作中では触れられていません。ウイルスに感染してゾンビ化した人間に噛まれるなどした傷口から感染し、痙攣や吐血などの症状に見舞われながら、徐々に病気が進行し感染から48時間で完全にゾンビ化します。

 

 

私は、今までゾンビ映画というものを全く観たことがありませんでした。というのも、ゾンビって怖いし気持ち悪いし(あくまで私個人のイメージです)、突然わぁと現れて襲い掛かってきたり、追われているときの恐怖を煽る演出が苦手だからです。

ただ、CARGOはゾンビから逃げたり戦ったりというよりも、主人公やそれを取り巻く人間の心の動きを描いたヒューマンドラマがメインだったので、私でも安心して観ることができました。王道ゾンビ映画を期待する人にとっては物足りないかもしれません。

妻を失い、自分もウイルスに感染してしまったときのアンディの絶望、やるせない気持ち、そして、そこから娘のために気持ちを奮い立たせて歩き始める姿勢、ウイルスに侵されながらも、愛する娘を守るために娘の面倒を見てくれそうな人を探し歩き続ける父親の姿に心を打たれました。

途中で出会うアボリジニの少女トゥミと旅路で築いた絆にも涙が出ました。

コメディー俳優として知られているMartin Freemanですが、本作品のシリアスな役柄もとても繊細に演じていて良かったです。にこやかな中に憂いや切なさが感じられる笑顔にはとても胸を締め付けられました。

 

ゾンビに対抗する人間の姿よりは、生き残った人間同士の関わり方や、人間としての在り方が良く描かれていて、自分自身の人間としての在り方などを色々と考えさせられました。

 

 

もし、興味があってこの映画を観ようという方で、7分間の原作を知らない方がいましたら、先にNetflixの映画CARGOを観ることを私はお勧めします。

映画の後にショートフィルムを観ると、映画の演出と原作の繋がりだったりをよく感じられて、映画の作りも原作の洗練されたストーリーも共に引き立つのではないでしょうか。

 

 

1時間40分程度でストーリーもまとまっていて感動する映画なので、サクッとみられて良い作品だと思います!私は結構好きで、人におすすめしたいです!